今では光脱毛が主流となる脱毛施術ですが、脱毛施術自体の歴史は古く、

 

初めて脱毛の方法が確立されたのは1875年のことでした。

 

 

ちなみに当時は逆さまつ毛の治療法として使われていたようですね。

 

 

1904年にはX線を利用した脱毛方法も生まれています。

 

 

しかしこれについては副作用が大きすぎるとして使用されなくなりました。

 

 

そして肝心の今主流の光脱毛は1968年頃に誕生したとされています。

 

 

長い脱毛の歴史の中ではかなり最近のことですね。

 

 

肌に針を挿すことなく光を照射するだけで脱毛効果が得られるというのはとても画期的なことでした。

 

 

何故光を照射するだけで脱毛できるかと言えば、

 

その光がメラニン色素に反応して熱を発するという特徴をもっているからです。

 

 

メラニン色素は人の体の色が濃い部分に多く含まれています。

 

 

それを知ればメラニン色素が肌には少なく毛には多いことが分かるでしょう。

 

 

ですから肌にはそれほど反応せず、

 

それでいて毛には確実にダメージを与えられるというとても革新的なものだったのです。

 

 

これが今のレーザー脱毛で、その効果の高さが賞賛される一方で

 

強力なエネルギーをもつことから医師にしか取扱いが許されていません。

 

 

ですが1989年にレーザーと同じような特徴を持ちながら出力を弱められる

 

新しい光脱毛が誕生しました。

 

 

正確に言うとレーザー脱毛は光脱毛の一種なのですが、現在ではレーザー脱毛はレーザー脱毛、

 

その他のものを光脱毛と呼ぶようになりつつあるほど普及しています。