突然ですが、私は物心ついたときから体毛が濃いです。理由は簡単、親も同じようにフサフサ

 

の体毛なのです。

 

 

そのことで特に悩んだりはしなかったのですが、ある一言をきっかけに最大の悩みへと変わりました。

 

 

あれは中学校の頃だったと思います。友達の一人が、不意に私の腕を見て「無駄毛、処理しないの?」

 

と尋ねてきました。全く予想だにしなかった質問に、私は答えることができなかった記憶があります。

 

 

その時に初めて、自分の体毛は正常ではないのだということを知りました。

 

 

それからというもの、私は考えつく限りの脱毛方法を試しました。と言っても当時は中学生

 

でしたので、いい案が思いつくはずもなくひたすらカミソリで剃っていました。

 

 

当然ながらすぐにカミソリ負けを起こしてしまい、あっという間にお肌はボロボロのガサガサです。

 

 

高校に入ると脱毛テープや除毛クリームも試してみましたが、

 

私の場合腕や脚だけでなくお腹や腰といった全身の悩みなので、

 

すぐに消耗されてしまいます。とても歯がゆかったことを覚えています。

 

 

今は念願だった脱毛サロンに通うことができ、あれだけ悩んでいた日々が信じられないくらいです。

 

 

やはり自己流脱毛では限界がある上、うまく処理できないので、気分も下がりやすい傾向にあると思います。

 

 

次生まれ変われるなら、今度は無駄毛が一切ないキレイな肌で生まれたいです。